映画愛っていうらしいです。

日曜日のさぁちゃんは、
よほどのことがないと目覚まし時計をかけません。
今朝も目覚ましは鳴らなかったのに、
ちょこちょこ起きていたさぁちゃんが、
何度寝かのあと、
わーって急いで起きたのは8時過ぎでした。

慌てて朝ごはんを食べて準備をしてから、
9時40分の回に間に合うように、
映画館へと出かけて行きました。


12317


帰ってきたさぁちゃんは、
いつものようにみーたん見てーって言いましたが、
ボクがはいはーいって駆けつけましたら、
深い溜息をついていましたので、
どうしたんですかーって聞きましたら、
人間の深淵の複雑さよと言われました。


12318


ごはんを食べてから、
ボクとあったかカーペットにごろごろしながら、
さぁちゃんは映画のパンフレットを読み込んでは、
何度もため息をついていました。

信じることや、赦しというものについてだけでなく、
このような作品を生み出すことができる、
人間の想像力、創造力に、
心の底からため息が出るよって、
さぁちゃんが言っていました。

ボクは映画館に行ったことがないのでよくわかりませんが、
この映像美と、
史実と文化への畏敬の念とも呼べるすべてのヒトの営みが、
感動的だったとさぁちゃんが言いました。


12319


映画って本当に素晴らしいと、
さぁちゃんは廊下の棚を開けて、
ひとりでしみじみしていました。
ここには、コレクションである、
映画のパンフレットがあります。


12320


映画館の記憶の最早期は、
おそらくは3歳の時、
今はなき弘前の東映で『蒲田行進曲』を見て、
「あ!おっぱい!!」って叫んで、
映画館中が大爆笑になった瞬間だよと、
さぁちゃんが苦笑いしていました。

広げてみたパンフレットの中に、
高校生の時に初めてひとりで映画館に行った時に買った、
『ブラス』のパンフレットが見当たらなくて、
どこに行ったのかなーって、
さぁちゃんは困っていました。


12321


両親が出会った頃に東京で、
よく映画に行っていたという話を聞きながら、
いろんな想像をして、いろんな気持ちになって、
わくわくしたこともあったよと、
さぁちゃんが言いました。

ボクは、今この瞬間の、
カリカリが美味しいことの方が大切ですって言いましたら、
それが最も真理に近いって、
さぁちゃんは笑っていました。


12322


人の営みへの慈しみを覚えるし、
それを感じさせてくれる映画への愛情がたまらないって、
さぁちゃんはずっとしみじみしていました。


そんなボクのまいにち。
大好きって素敵みたい。





今日もボクと一緒に、
ふしぎなヒトの観察をしたら、ぽちっと押してみてください。

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村


さぁちゃんごはんseason2もよろしくどうぞ。
スポンサーサイト

テーマ : ノルウェージャンフォレストキャット
ジャンル : ペット

コメントの投稿

Secre

プロフィール

satopico

Author:satopico
ミシェルの記録

ボク、載っています。
ついったー
Twitter
本棚
ブクログです。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
らんきんぐ
らんきんぐってやつをはじめてみました。
らんきんぐその2
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ