ひとりでは奏でられないのです。~弘前旅行記・長編~

今日の16時半ころ、
やーっとさぁちゃんが帰って来ました。
何故かびしょびしょに濡れていて、
弘前はそんなところなんですかって聞きましたら、
いやいや、仙台が雨降りなだけよと、
さぁちゃんが笑っていました。

それにしても遅い!


11236


みなさまご存知のように、
昨日の朝早く弘前に行ったさぁちゃんは、
とても豊かな時間を過ごして来たようです。

実は前の晩、
さぁちゃんが何度もベッドでもぞもぞ動くので、
眠れないんですかってボクは心配しましたら、
みんなに会うと思うとドキドキして眠れないって、
さぁちゃんが言いました。
こどもかっw

行きのバスの中でも、
思い出に浸っていたら眠れなかったそうですが、
ぱっと視界に入った岩木山の美しさに、
思わずはっとして、息を呑んだらしいです。


11237


迎えに来てくださったなりごんさんに、
盆地落ち着くーって言ったところ笑われたみたいw

それからお仕事上がりのみなこちゃんを拾って、
ランチに行ってから、
こぎんフェスに行ったそうです。


11238


小学校の家庭科で、
こぎん刺しやったよねーなんて、
3人ではしゃいだらしいです。


11239


こぎん刺しってこんなに素敵だったんだねと、
弘前市民が言うもんだから、
今度2人に何か刺してあげることにするよって、
さぁちゃんが言っていました。


11240


それから思いがけず、
思い出をめぐるお散歩になったんですって。

みなこちゃんは数少ない高校時代の仲良しですが、
一緒に小・中・高の思い出を分かち合いながら、
学園町をしばらくお散歩。


11241


あそこにあったグミの木に登って実食べた!
あそこのザクロの木にジャンプして実食べた!!
って、思い出して笑うさぁちゃんに、
野生児ってツッコミが入るのも無理はなく。


11242


そうしてお2人にお願いをして、
さぁちゃんの失われたお家へ向かったそうです。

今回、この時期なのに弘前公園に行かなかったのですが、
途中で八重桜が綺麗で、
この場所で過ごした何年間が、
うわーっと思い出されたみたい。


11243


慣れ親しんだ景色をずんずん歩いて行くと、
懐かしいねってお2人が言ってくれるので、
泣きそうだってさぁちゃんが涙ぐむと、
泣けなけって、また笑われたみたい。


11244


最後は高校に行き、
礼拝で伴奏したねとか、
スピーチコンテストで優勝したよねとか、
礼拝担当で語ったわとか、
3人でわいわいきゃいきゃい。


11245


みなこちゃんとは去年、17年ぶりに再会し、
なりごんさんとも今回、17年ぶりくらい?
あまりものごとに執着しないさぁちゃんですが、
本当に大切な関係は、会わなくても大切さは何も変わらないそうです。

それにしても、もう少し、
連絡だけでもしたらよいのにねぇ。
さぁちゃんは、メール不精すぎ。


11246


さて、夜には中学時代の仲良し5人組で、
これまたわいわいきゃいきゃい大爆笑の飲み会で、
さぁちゃんは嬉しくって、楽しくって、
後半はずーっとゆきえちゃんに抱きついてナデナデしていただき、
帰り道ではいろんな気持ちになって、
ゆかりちゃんに抱えられながらわーわー泣いていたそうです。

テンション上がり過ぎて最後に号泣って、
これまたこどもかっww


11247


6人とも、さぁちゃんの心からのお友達です。
お帰りって、また帰っておいでって、
口々に言ってくださることが、
深く心に染みこむそうです。

帰りのバスの中で、
あぁ、みんなのおかげで、
弘前が苦しい思い出の土地ではなく、
いつまでも私の魂を形作り続けるかけがえのない居場所なんだと、
さぁちゃんは感じたらしいです。

良かったね。


11248


弘前で、あの家族の中で生きていたからこそ、
味わわなくてもよい、未だに足かせとなる傷があり、
それが生きる哀しみの根源なのだけど、
それでもヒトを想い、関係性を大事にできて、
今の仕事を真剣にできるっていうのは、
その痛みを持っていると同時に、
確実にみんなの愛情に生かされてきたおかげだと思ったよと、
さぁちゃんが言いました。

ボクのことも大切ですかって聞きましたら、
それは当たり前のことよって、
た~っぷりぎゅーとちゅぅをしていただけました。


11249


帰って来てからさぁちゃんは、
何度も思い出し笑いをしていて、ちょっとキモいです。

心底大切にしたい出逢いというものは、
たくさんあるわけではありません。
しかも、同じ時間、同じ風土を共有し、
こうしてずっと確かめ合える存在は、
限られています。

そうして今さぁちゃんは、
心のアンテナが大切にした方が良いと震えているという、
新たなヒトがいるのです。
よし、決めたって、
さっきさぁちゃんが呟きました。

すべては脈々と流れる大いなる物語の中にあるけれども、
そこに意味を見出し、
大切に抱きしめられるかどうかは自分次第だねって、
さぁちゃんが言いました。

みなさん、本当にありがとうございます。
さぁちゃんに代わり、
ボクからも深い感謝を。


そんなボクのまいにち。
ひとりでも生きられるけれど、
ひとりでは見いだせないものが、あります。


今日もボクと一緒に、
ふしぎなヒトの観察をしたら、ぽちっと押してみてください。

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村


さぁちゃんごはんも、よろしくどうぞ。

スポンサーサイト

テーマ : ノルウェージャンフォレストキャット
ジャンル : ペット

コメントの投稿

Secre

プロフィール

satopico

Author:satopico
ミシェルの記録

ボク、載っています。
ついったー
Twitter
本棚
ブクログです。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
らんきんぐ
らんきんぐってやつをはじめてみました。
らんきんぐその2
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ